上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊能富竹の主な立ち回りは、色々とバリエーションが豊富です。
ガン攻め、ガン待ち、援護重視、タイマン重視、その他色々…。

この中ではガン攻め型に僕は分類されると言われて以来、
自分はガン攻め型のスタイルなんだとずっと思い込んでました。


ですが、立ち回り考察記事を書くに当たって不思議な事に気付きました。
近頃撮影した動画を軽く見直してみたりすると、
一つの動画ではガン待ちだったり、
他のの動画ではガン攻め傾向にあったり、バラバラです。



そこで一つの事に気付きました。
霊能富竹は状況に応じて、柔軟に立ち回りを変えれるのが強みなのでは、と。

ガン攻め、ガン待ち、ガン逃げ、援護のみ、攻め込みのみ…
状況が状況ならば一つに偏ってもいいとは思いますが、
ある程度ならどんな立ち回りをしても
カバーできる程度のポテンシャルが霊にはあります。


ガン攻めでもガン待ちでも、
キャラの相性的に崩されてしまうような相手に遭遇した場合
全体的な立ち回り方を変更せずに居た場合はまずこちらが不利。


重要なのは、スイッチの切り替え速度。
そして、その場その場で最善の立ち回りを使える事だという結論に達しました。

これは全てのキャラ、全てのプレイヤーに通ずる事だと僕は思っております。
人に突撃型や援護型だと言われて、
自分はこの型なのか!と凝り固まるのは危険です。
突撃型なら突撃ばかり、迎撃型なら迎撃ばかりとなってしまい
自分を抑制する結果となってしまいます。


そんな訳で全体的な立ち回りについては、
状況に応じて変化する為に意味があまり無いので書きません。


代わりとしては、
僕が言葉に出来る範囲の戦法、テクニックなどを
1~2日にいっぺんずつUPするようにしておこうと思います。


もしかしたら役に立たない情報ばかりかもしれませんが、
どうかお付き合いのほどを。







それでは最初に、ほんとに基本的なところを少し。


傾向別の動き方、テクニックなどについて


ガン攻めの動き

NSの範囲とCSの威力を使って、とにかく前に出て相手を押し込む。
敵が押され気味で後ろに下がりだした時、
片追い時、タイマン時、あと少しで勝てる時などに有効。
空中から先読みのNS、近くでプレッシャーをかけて後出しNS、
近距離ADを読んで角材をぶっ放すなど、兎に角攻撃を出していく。
NSは上空からめくったりして被せるように撃てば、先出しでも結構当てれる。

格闘でのインファイトは、NSが近距離で当たった場合のみ狙おう。
富竹には出の早い格闘が無い為に、硬直や虚を突いたりしない限りは簡単に潰される。
また、硬直に格闘を使って差し込む時は、
カウンターを考慮してCSC出来るようにしておく。

相方がダウンしたりしたら、戦場を急いで離脱して援護に移ろう。
近距離で片追いされると霊はまず捌き切れない。


ガン待ちの動き

相手のスキをとにかく伺う。
敵が攻撃してくるまでは迂闊に手を出さない。
相手が突撃してきた時、敵が回避重視の動きでNSが中々当てれない時、
タイマン状況に持ち込まれた時などに有効。

基本は回避してNS、CSなどを的確に決めていく。
近づいてこようとする敵はNSで追っ払う。
先読みで出していくよりも、後出しで確実に当てていこう。
相方が相手チームを圧倒しだしたり、分断に成功したりしたら
ガン攻め型に移った方がダメージを取れるが、この辺りは状況を見て。



ガン逃げの動き

とにかく逃げる。
味方ロックAD格や、距離を取りながらNS等で追っ払いながら逃げる。
片追いされてしまった時、体勢を立て直したい時、NSとCSが切れた時、
HPが殆ど残って無い時などに有効。
逃げる時は必ず味方の方へ逃げる事。
HPが低い時に味方から離れた場所で落とされると、
オーバーキル追撃を味方が阻止しづらい。
霊能富竹のNSはチーム戦で真価を発揮する。
何とかして味方と合流して、比較的安全なガン待ち型へ移行しよう。





援護、カットのテクニック

中距離以遠から援護する場合は、少し早めに射撃を出しておくべき。
NSの弾速が若干遅いため、届いた頃に回避されてると泣ける。

敵が相方に群がっている時は、必ず軸を意識して戦う事。
この軸合わせがしっかり出来ているかどうかで霊はかなり違う。

角材ホームランは遠距離での援護に最適。
誘導がかなり強いので、ガンガン狙っていける。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiretommy.blog78.fc2.com/tb.php/94-78efcddd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。