上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分かりづらいけど、走ってくるのを予測してモンキーでNSを撃っている



・モンキー撃ちを利用してNSを真ん中に撃ち込む。

敵の回避を先読みで撃つため安定性は無いが、
当たらなくても敵の真ん中にNSが飛ぶため、分断効果がある。
相手が固まってて攻めづらい、動かしづらい時にはそこそこ有効。
投げた直後に発動させても実は加速するとか



・ダブルロックオン時にCSを発射と同時にタッグを発動させる。


相手のHPが低くて、あと一撃で勝てるような時に
敵との距離が離れすぎててNSを当てづらい場合や
近距離で回避しまくる敵に対しての奇襲として有効。
・横ステD格CSCで滑りながら角材を当てる。

ステ格を読んで潜りからの格闘を決めてくる相手に対して有効。
地上から出す角材はステ格CSCが基本だと思われがちなので、アクセントとしてかなり使えるぞ。
・相手のHPを見て、撃つ直前に発動させる。
・NSの残り弾数で倒しきれるかどうか考える。
・弾切れした時に高速フルリロード用として使うのも手。


とても当てやすいNSを持っている霊は、友情ゲージが溜まりやすい。
押し切れない時でも、ダメージをかなり与えれると思った時は
発動させてHPを減らしまくろう。
敵のHPを危険な状態まで減らしてしまえば、
迂闊に攻めてこなくなるので安全になるが
トドメをうまく刺せそうに無いなら狙わず相方の様子を見た方がいい。

霊能富竹の主な立ち回りは、色々とバリエーションが豊富です。
ガン攻め、ガン待ち、援護重視、タイマン重視、その他色々…。

この中ではガン攻め型に僕は分類されると言われて以来、
自分はガン攻め型のスタイルなんだとずっと思い込んでました。


ですが、立ち回り考察記事を書くに当たって不思議な事に気付きました。
近頃撮影した動画を軽く見直してみたりすると、
一つの動画ではガン待ちだったり、
他のの動画ではガン攻め傾向にあったり、バラバラです。



そこで一つの事に気付きました。
霊能富竹は状況に応じて、柔軟に立ち回りを変えれるのが強みなのでは、と。

ガン攻め、ガン待ち、ガン逃げ、援護のみ、攻め込みのみ…
状況が状況ならば一つに偏ってもいいとは思いますが、
ある程度ならどんな立ち回りをしても
カバーできる程度のポテンシャルが霊にはあります。


ガン攻めでもガン待ちでも、
キャラの相性的に崩されてしまうような相手に遭遇した場合
全体的な立ち回り方を変更せずに居た場合はまずこちらが不利。


重要なのは、スイッチの切り替え速度。
そして、その場その場で最善の立ち回りを使える事だという結論に達しました。

これは全てのキャラ、全てのプレイヤーに通ずる事だと僕は思っております。
人に突撃型や援護型だと言われて、
自分はこの型なのか!と凝り固まるのは危険です。
突撃型なら突撃ばかり、迎撃型なら迎撃ばかりとなってしまい
自分を抑制する結果となってしまいます。


そんな訳で全体的な立ち回りについては、
状況に応じて変化する為に意味があまり無いので書きません。


代わりとしては、
僕が言葉に出来る範囲の戦法、テクニックなどを
1~2日にいっぺんずつUPするようにしておこうと思います。


もしかしたら役に立たない情報ばかりかもしれませんが、
どうかお付き合いのほどを。



Read more...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。